採用管理ツールの種類をみてみよう

採用管理ツール

採用管理ツールとは、英語でATS(Applicant Tracking System)とも呼ばれ、応募者追跡システムという意味のツールです。求人管理は複数の求人を簡単に作成できます。応募者の履歴書や情報管理、面接の評価や進捗管理と、内定の通知やフォローがひとつのシステムで、一元管理ができるのが特徴です。種類としては、新卒採用、アルバイト採用、リファラル採用、中途採用があります。機能も応募から面接の自動化や、採用ページ作りもできる。面接評価入力機能や効果分析、レポート機能があります。機能の一部ではありますが、今までは、本来の採用業務が雑務に追われて集中できない人や、エクセルや大量の印刷された紙で、進捗管理をしていましたが、採用管理ツールを使用する事で、時間と労力の削減ができます。

基本的なツールの項目や機能を絞り込む

これから、導入を検討している所は、まずは使い方を明確にする事です。人事担当者が採用したい人材を管理する使い方、人材紹介会社は自分たちが紹介して人材管理をするために必要な使い方です。人材管理では、採用管理ツールが役立ってくれますが使い方で機能も大きく変わります。提供企業も多数ある中で、探すときは、求人詳細ページの編集と公開機能の使い勝手が必要で、実際に他社の求人などを閲覧して参考にするのもおすすめです。次に候補者管理や進捗管理機能の使いやすさやレスポンスの速さが必要になります。また、候補者や社内とのコミュニケーション機能もあり面接の調整や、選考情報の確認や候補者とのメールのやり取りもできる機能です。次にセキュリティー機能が重要になります。まずは、何が必要かを絞り込むことが大切です。

自社に合ったツールの提供企業を選ぶ

自社に合ったおすすめの探し方は、雇用形態で変わります。新卒やアルバイトなど、雇用形態に強い採用管理ツールを選ぶことが大切です。また、大企業や採用数が多い所は採用活動のスピードを求められる時代になっていますので、採用管理ツールの導入でスピーディーな採用活動が求められます。採用管理ツール提供企業では、利用料金や月額料金も色々で数万円から十数万円が多いようです。必要な機能が予算内に入るのがベストですが、企業によって様々で、オーダーメイド的な対応も少なくはありません。気になる所があれば、一度見積もりを依頼する事も必要で、無料トライアル期間もあるので、気になる機能を活用しながら応募者管理データーベースなどの使い勝手を確認する事も大事です。一番注力する機能を決めておく事が重要です。