おすすめの採用管理ツールの探し方

採用管理ツール

採用活動は、外部から応募者を募り、企業が良い人材を探すのに必要不可欠です。人材不足により、採用に苦戦する企業も少なくなく、採用活動の強化や効率化は近年重要性を増してきています。企業が必要とする人材を確保するため、採用計画を立てて、応募条件に適した人材を外部から探します。そこで、重要性を持っているのが、採用管理ツールです。求人情報や、応募してくる個人の情報、採用担当者の評価、選考の進捗状況など、あらゆる情報をシステム上一元管理できます。このような効率的に採用活動を進めるための機能を実装したシステムをATS(Applicant Tracking System)と呼ぶそうです。近年、好景気で採用活動を行う企業が増えてきました。でも、少子高齢化で日本の労働人口が減少してきています。採用難が続いているということになります。企業側は早急かつ、きめ細やかな対応が求められてきています。

採用管理ツールが必要な理由と管理できる項目

スマートフォンやタブレットの普及で、求職者はいつどこにいても、仕事を探せるようになりました。それに伴って、採用活動を行う企業側にも急速な対応が求められてきています。そのような状況の中、採用側の負担を軽減して、社内の限りのある人や時間を有効に使うことができる、採用管理ツールに注目が集まってきています。実際どのような項目が管理できるのかご紹介します。まずは求人案件の管理です。これは企業側が求職者に対して公開している求人の案件の管理です。次に、求職者の情報の管理。採用管理システムなら、閲覧者を制限できるので、個人情報の管理も安全に行えます。他には、選考状況の管理です。求職者一人一人の選考状況をまとめて登録します。最後に、内定者の管理です。内定者の通知の有無や内定後の連絡などまで行えます。

採用管理ツール導入のメリットとは

採用管理ツールを採用活動に使用した場合のメリットをご紹介します。1つ目は、採用活動の効率アップです。求人情報の作成から採用まで、それらの活動における様々な情報を一元管理できることです。スマートフォン携帯やタブレット端末の普及により、求職者は、いつどんな時でも、求人情報を探すことが出来ます。それに伴って、採用スピードは非常に重要なものになってきているからです。採用時間を短縮することによって、優秀な人材を逃さない効果を期待できます。2つ目は情報が見えるということです。選考にかかわる情報を社内で共有することにより、情報の伝達阻害を防止することが可能になります。3つ目に人的ミスの防止です。応募者の情報管理をまとめて管理することで抜け漏れを防ぐことが出来るようになります。ミスを防ぐことによって、採用のチャンスを確実に旦保することにつながります。