採用管理ツールの便利な利用方法とは

採用管理ツール

ネット利用が当然になった時代に、採用管理ツールの第一のメリットは、ネットで申し込まれたエントリーをスピーディーに処理が出来るという点です。応募方法はネット上で仲介会社を介した応募や、昔ながらの有料、無料で作られた就職紙、職安、会社の玄関での告知、自社サイトからの応募、SNSを利用した求人とさまざまあります。ここにさらに、大学や高校からの新卒採用があります。まず正社員、パート、派遣からの依頼と分ける必要があり、そこからさらに、必要な能力があるのかどうかを判別するために、一つの基準をつくり選考をスピーディーにしていくこと、第一の便利な採用管理ツールの利用法とは、応募から選考までの流れをスムーズにすることです。この方法であればネットを介した求人であれば、入力作業も大きく減らすことができます。

採用管理ツールはさまざまな雑事を軽減できる

人を採用する時に、さまざまな業務が必要になります。まずは人を集める必要があることが第一です。フェアへの参加、会社で行う説明会、その他各求人会社や学校への求人活動、それだけでも大変ですが、応募が来たら、試験作成、面接日設定、そのための会場の手配があり、それらが終われば、合否の発表と案内、内定者への教育準備と、まだまだ多くの作業が待っています。採用管理ツールでは、場所の準備はできませんが、合否発表のための資料や、社内への連絡、また就職活動にきれくれた人たちの情報のデータ管理を行う必要があります。これが本社のみの作業であれば、まだ比較的楽ですが、各支社のデータを管理するとなると膨大な作業になります。最近はエクセルやスプレッドシートで情報を共有できることが多いですが、支社は応募者が多くなれば、タイミングや処理スピードによっては非常に遅くなり、情報の更新ミスが発生する可能性もあります。

採用管理ツールは採用に関わる処理の時間とコストを削減

採用管理ツールに関わらず、社内のデータ管理の一元化のメリットは、情報を共有できるという点です。また誰でもどこからでも更新ができるので、権限さえあれば入力することによって、情報漏れが少なくなります。また決済もデータ一元化によって情報共有ができるたえ早く行うことができます。採用管理システムの利点は、まさにスピードであるともいえます。また効率化を図ることで、人的コストの削減も期待できます。フェアへの参加ひとつとっても人員が必要ですが、その上でさらに管理をするのであれば、さらに人が必要であり、それらのことが少しでも減らしていければ、長期的に全体のコスト削減に繋がります。またそれ以上に人的ミスが減ることで、余計なプレッシャーが少なくなり、入力作業ではなく確認作業のみを行うことで、さらに社内ミスも減らせます。